会社沿革

1929年(昭和04年)07月曽根竹一、綿毛織物用染色仕上整理諸機械製造を目的として南海鐵工所を創立
1954年(昭和29年)10月南海鐵工株式会社を設立
1958年(昭和33年)02月曽根秀明、社長に就任
1973年(昭和48年)10月“標準タイプ油圧式起毛機”完成
1977年(昭和52年)08月“ハイトルクタイプ油圧式起毛機”完成
1981年(昭和56年)08月フランツミュラーと提携
1992年(平成04年)02月“南海・フランツミュラー起毛機ポリフリースTRI-24型”完成
1992年(平成04年)11月発明協会より“発明奨励賞”を受賞
2002年(平成14年)04月ピーチスキン加工用起毛機の開発により、“文部科学大臣表彰”を受賞
2004年(平成16年)09月丸線研磨装置“マクトリーナNT3型”完成
2006年(平成18年)06月曽根正隆、社長に就任
2007年(平成19年)12月丸線研磨装置“マクトリーナNT4型”完成